読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ikarashi02のブログ

求人広告をメインに営業している社長のブログです。

応募を増やす原稿とは(飲食店編)?

応募を増やす原稿とは基礎編で記載させて頂きました内容をまず振り返ってみたいと思います。

原稿内容に5W1hがはっきりしていることでした。飲食店でもこの基礎は十分役立ちます。

いつ設立やオープンしたか?立地はどこにあるか?何をウリにお店を運営しているか?お店の雰囲気や店長さんの雰囲気は、はたまたスタッフはどんな感じの人が多いか?働く人にとってどんな期待やメリットがあるか?

上記の内容を記載するだけでも十分原稿としては、良い原稿であるかと思います。そこでアルバイトに限っての話ですが、もう少しポイントを記載したいと思います。

■いつ設立やオープンしたか?

オープンが2か月とかでしたら、ほぼ新規オープンで求人が集まり易いとは思います。一方オープンから20年の老舗というとアルバイトからしたら目上の『バイトの首領』みたいな人がいて働きずらそうというイメージがありますね。もちろんそれを払しょくするような写真や文言があればそれを記載すべきですし、逆に『バイトの首領』みたいな方がいらっしゃるようなお店でしたら、その方に取材や写真でアプローチするのも良いかと思います。

■立地はどこにあるか?

地図でいいじゃんっと思いますが実はここにもテクニックがあります。地下街直結なのか、主要駅から自転車で来れるのか、もしこれるなら通勤手当は出せるのか、車通勤なら駐車場は広いのか、など地図ではわからない情報を記載すると反響が大きく変わる場合があります。実際名駅の隣の駅でなかなか集まりずらかったお店が、名駅からチャリで5分チャリ手当支給の文言で取れたお店もありました。

■お店の雰囲気や店長さんの雰囲気は、はたまたスタッフはどんな感じの人が多いか?

これが一番重要ですね。以前のブログでピース写真の原稿は反響があるか?という記事を書かせて頂きましたが、ただ単純なピース写真はあまり意味がありませんという内容でした。写真に意味づけがあって初めて成立します。

例えば、店長はじめ滅茶苦茶こわもてばかりの人間しかいませんが、実は恥ずかしがりやさん集団です。写真も恥ずかしがってなんとかピースだけしてもらいました。入店して頂いた方もいきなり元気に声出して~という感じではなく、ゆっくり教えていきますよ。などなど意味をつけて初めて写真が成立します。

■働く人にとってどんな期待やメリットがあるか?

これも重要ですね。何をメリットに取るかは難しいと思いますが、実はヒントはお店に隠されている場合が多いです。お店の内容など5Wを聞いていく中でメリットが見つかる場合が多いです。なので最後の1hは5Wを詳しく聞くことが採用成功に近づく一番の近道になります。

 

もちろんこれ以外にも細かいテクニックは存在します。業務内容をイタリアンカジュアルバー⇒イタリアンバルに変更したり…その他諸々御座いますが、まずは基本から派生することが一番重要になってきます。

当店はじゃあどうなの?っと気になりましたらお気軽にお問合せ窓口からご質問等承っております。